仙台若者アワード2019 エントリー団体募集!

仙台市は「学都仙台」と呼ばれ、多くの若者が活発に活動しています。特に、東日本大震災以後、社会や地域の課題を解決しようとする若者主体の活動が多くみられるようになりました。しかし、その存在はまだまだ広くは知られていないのが現状です。


そこで、仙台若者アワード実行委員会では、多くの若者がその活動を知るきっかけとなり、より若者が活躍できる仙台をつくるため、​社会や地域の課題解決に寄与する優れた取り組みをおこなっている仙台市内の若者団体を表彰する「仙台若者アワード」を2017年、2018年と開催してきました。


3回目となる今年も、多くの若者団体の皆さんのご応募をお待ちしています!

開催スケジュール

【応募】

フォーム送信・構成員名簿の提出

締め切り 8月30日(金)

応募フォームからの送信・構成員名簿の提出をもって受付完了となります。

募集要項をよく読み、ご応募ください。


※WEBサイトからの応募が難しい場合は、事務局までご相談ください。

【一次審査】

書類確認・ヒアリング

9月~10月​

​応募されたすべての団体に対し、応募要件を満たしているかの確認や、各団体の活動についてヒアリングを行います。

実行委員会が提出書類やヒアリングの内容等をもとに、審査基準により評価します。


※一次審査の日時や会場は、応募団体の皆様と調整の上決定します。

※審査通過の可否は、後日メールでご連絡します。

【最終審査】

プレゼン・審査・表彰

11月14日(木)18時~21時

一次審査を通過した各団体より、一般に公開で活動内容のプレゼンをしていただきます。

全団体のプレゼン終了後、審査委員会による審査及び会場参加者による投票を行い、各賞を決定します。


※最終審査後も、希望する応募団体には、日頃の活動のフォローアップを行います。

募集要項

次のボタンから確認できます

審査基準

審査は、次の観点から、総合的に行います。

▶活動の目的が明確で若者自らの課題意識・当事者意識に沿ったものであるか(自主性)

若者の視点・アイデアを生かした取り組みであるか(先進性)

その取り組みを通じて、若者自身に新たな気づきや行動の変化があったか(若者の変化)

▶取り組みを今後も継続し、発展させる意思・意欲とそのための計画・行動があるか(継続性・発展性)


応募締切日(2019年8月30日)を基準として、12ヶ月以内に行われた活動および応募締切後1か月以内に実施された活動を審査の対象とします。

説明会

​仙台若者アワードの概要や、エントリーに際しての注意事項などを説明します。エントリーするかどうか決めていない方も参加できます。応募内容をよりよいものにするためのポイントなどもお伝えしますので、ぜひご参加ください!

■日時

 第1回:7月19日(金)19時〜20時

 第2回:8月1日(木)19時〜20時

 ※いずれも内容は同じです。ご都合のつく回にご参加ください。

■会場:仙台市市民活動サポートセンター

(アクセスはこちら http://sapo-sen.jp/access/

■参加無料 ※参加にあたり、事前の申込みは不要です。

応募フォーム

フォームへの入力と、構成員名簿の提出をもって受付完了となります。

構成員名簿のテンプレートは、次のボタンからダウンロードできます。

構成員名簿を作成した上で、次のフォームからご応募ください。

表彰と特典

最終審査プレゼンテーションをもとに、下記3賞を決定します。

  • 最優秀賞(1団体以内)
  • 優秀賞(2団体以内)
  • 会場共感賞(1団体以内・会場参加者の投票結果をもとに決定)


特典

  • 各賞受賞団体:トロフィーの贈呈(この他、仙台市ホームページ等を通じたPRを予定しています)
  • 最終審査出場団体:記念冊子への掲載(仙台若者アワードの開催を記念して制作する冊子に、団体紹介を掲載します)
  • 応募団体:活動のフォローアップ(希望に応じて、活動場所の確保やミーティングのやり方、団体内の意思疎通、活動資金の確保の仕方、活動の価値を高める情報発信等、日頃の活動の相談に応じます)

特典のイメージ


※画像は昨年度のものです。デザイン等が変わることがあります。

仙台若者アワード2018(前回)の様子

​2018年9月中旬、エントリー開始。選考過程などを案内する説明会を、9月27日、10月5日の2回開催。10月中旬の受付終了までに、26団体が応募されました。


書類審査を経て、11月7日、8日の2日間にわたり、実行委員会で全26団体にヒアリングを実施。活動の詳細や魅力、やりがいなどを団体ごとに聞いた上で、最終審査へ進出する10団体を決定しました。


12月15日、仙台市市民活動サポートセンターに会場協力をいただき、最終審査プレゼンテーション&表彰式を開催。エントリー順に10団体が発表しました。活動内容をより魅力的に伝えるため、スライドを工夫したり、お揃いの衣装を身に着けたり、ステージ上を歩き回ったりと、アツいプレゼンに会場全体が熱気に包まれました。全団体のプレゼン終了後、会場共感賞の投票へ。審査結果の発表を経て、表彰式では各受賞団体に実行委員会から賞状と副賞の記念トロフィーや楯が贈呈されました。

これまでの参加団体の声

Icon51

Food and Smile!  佐々木優花さん

仙台若者アワードに参加したことで、他大学・他団体との交流ができました。関わったメンバーも私も「もっと自分たちにできることありそう!」と可能性を感じられたことが良かったなと思います。思った以上に世界が広がりました。

Icon60

フェアトレード推進サークルamo  村川美希さん

仙台若者アワードをきっかけに他の団体と知り合い、さまざまな合同イベントを実施することができ、活動の幅が広がりました!発表に際して団体の方向性を再確認したため、団体の軸が強固になりました。

今年度の団体募集チラシです

運営主体

仙台若者アワード実行委員会

(構成団体:仙台市、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、一般社団法人ワカツク)


協力:仙台市市民活動サポートセンター